グリルで香ばしく焼いたサバと山椒の実がアクセントのすし飯がよく合う、福井県の郷土料理です。

※お料理の際には、火傷や怪我、火の元に十分ご注意を払ってくだるようお願いいたします。

材料 (2本分)

2本分 サバ(三枚卸し)
2枚(1枚約200g)
適量(サバの重量の1%)
■[A]
 醤油
大さじ1
 酒
大さじ2
1と1/2合
300ml
■[B]
 米酢
50ml
 砂糖
大さじ2と1/2
 塩
小さじ1/2
山椒の実の佃煮
10g
甘酢しょうが(薄切り)
20g
みりん
大さじ1

作り方

  1. サバは腹骨と小骨を除き、塩をふってしばらくおきます。水気をふき、合わせた[A]に漬けます(約15分)。
  2. 【1】の皮目を上にしてグリルで焼きます。(両面焼き水なしグリル 上・下弱火 10分)焼き上がったら粗熱をとります。
  3. 米は洗って専用炊飯鍋に入れます。分量の水を加えて30分以上おいてから自動炊飯機能で炊きます。
  4. 炊き上がったら合わせた[B]を加えてすし飯を作り、山椒の実の佃煮を混ぜます。
  5. 巻きすの上にラップを広げ、【4】の半量をのせます。サバの長さに合わせて細長く握ります。
  6. 巻きすにかたく絞ったさらし布巾を広げ、【2】の皮目を下にして置いて甘酢しょうがの半量を広げます。
  7. 【5】のラップをはずしてのせ、しっかり巻いて形をととのえます(計2本作ります)。しばらくおいて落ち着かせます。
  8. サバを取り出した後の[A]にみりんを加え、とろみがつくまで煮詰めます(中火)。
  9. 【7】の表面に【8】を塗り、食べやすい大きさに切って器に盛りつけます。