管理栄養士からのコメント!石川県の郷土料理「治部煮」をゲル化材で固めて、飲み込みやすくしたえんげ食。

※お料理の際には、火傷や怪我、火の元に十分ご注意を払ってくだるようお願いいたします。

材料 (2人分)

鶏肉(治部煮)
60.0 g
│だし汁
46.0 g
│ソフティアU
0.4 g
しいたけ(治部煮)
28.0 g
│だし汁
14.0 g
│ソフティアU
0.14 g
にんじん(治部煮)
20.0 g
│だし汁
10.0 g
│ソフティアU
0.16 g
小松菜(治部煮)
24.0 g
│だし汁
18.0 g
│ソフティアU
0.24 g
治部煮のつゆ
80.0 g
│ソフティアS
0.8 g

作り方

  1. 鶏肉(治部煮)、だし汁、ゲル化材を計量します。 ※ゲル化材はソフティアU(ニュートリー)を使用
  2. ミキサーに鶏肉(治部煮)、だし汁、ゲル化材を入れ、なめらかになるまで撹拌します。
  3. 2を鍋に入れ、火にかけ、焦げないように混ぜながら、ひと煮立ちさせます。
  4. ラップをしいたバットに流し込み、ゼリー状に固めます。 ※ゼリーは70度以下になると固まり始めます。
  5. しいたけ、にんじん、小松菜も1~4の手順で作ります。
  6. 鶏肉、しいたけ、にんじん、小松菜は適当な大きさに切り分け、器に盛りつけます。
  7. 治部煮のつゆにとろみ材を加え、とろみをつけ、器に流し込みます。 ※とろみ材はソフティアS(ニュートリー)を使用