農家直伝の金糸瓜をつかった石川県の郷土料理です☆

※お料理の際には、火傷や怪我、火の元に十分ご注意を払ってくだるようお願いいたします。

材料

大根
5キロ
金糸瓜
1キロ
人参(千切り)
300g
200g
唐辛子(輪切り)
5本
ニシン(身がきにしん)
10本
甘酒用麹
1kg

作り方

  1. 大根は皮をむき中程度(5cmの長さに切り、それを半割にして、1.5cmの厚さ)に切る。
  2. 金糸瓜は種をとり食べやすい大きさに切る。
  3. ①②を桶に入れ、塩を入れ重石をのせる。(材料の3倍)2~3日すると水があがるので重石を2/1にし、4~5日漬け込む。
  4. 炊飯器に麹と麹が隠れない程度に40℃の白湯を入れて、2時間保温する。
  5. 麹が仕上がる20分前に米3合を炊飯しておき、炊き上がったらほぐしておく。
  6. 麹が仕上がったらご飯を入れ、かき混ぜ30分保温し、もう一度まぜて平らにしラップをかけ、ふたは開いたまま冷ます。
  7. 塩漬け大根、金糸瓜はザルにあげ水気を十分に切る。
  8. ニシンはウロコをきれいにとり、「米のとぎ汁」に一晩つけ食べやすい大きさに切る。
  9. 桶に大根、金糸瓜、人参、唐辛子、ニシン、甘酒を交互に入れる。重石は水があがる程度で5~7日で仕上がります。
  10. 取り出す時、上水は捨て小出ししたあとは平らにして、軽い重石をのせます。