郷里石川県でお祭りのときなどに各家庭で作られている押し寿司です。専用の型がなくても大丈夫!魚はしめ鯖でも鮭でも。

※お料理の際には、火傷や怪我、火の元に十分ご注意を払ってくだるようお願いいたします。

材料 (9個分)

刺身用サーモン
棒状で5~6cm 
*酢
50cc
*砂糖
12・5g
*塩
2・5g
2合
*酢
50cc
*砂糖
30g
*塩
5g
生姜
少々
笹の葉
18枚

作り方

  1. サーモンは5mmほどの薄切りにして塩(分量外)を振り、水が出てくるまでしばらくおいておき、ペーパータオルで水気をとる。
  2. 水気を拭いたサーモンを甘酢用の材料を混ぜておいたものに1時間以上漬けておき、ペーパータオルで水分をとる。
  3. 米を砥いで心持ち少ない目の水で炊き、普通の寿司飯の要領で酢飯用の酢、塩、砂糖を混ぜ込んで冷ましておく。
  4. 笹はきれいに洗って水分を拭き、大きいようだったら6cm幅ほどに切っておく。
  5. 寿司飯を適量とって丸めて笹の葉の上に乗せ、上にサーモンと生姜の千切り適量を乗せる。
  6. 手前側と向こう側に笹を折りたたんで寿司飯を包み、もう一枚の笹を90度にして同じように折りたたむ。
  7. 18cmx18cmくらいの深い目のお菓子の箱の蓋にラップを敷き、そこに縦3個横3個のお寿司をきっちりと詰める。(写真は3x4で作ったもの)
  8. お菓子の箱の底の部分を載せ、上に水を入れた鍋または重石になりそうなものを乗せて一晩涼しいところに置いておく。