長野県は千曲川のほとり、更埴郡を中心に伝わるうどんの食べ方です。辛み大根が手に入ればベストですが、普通の大根でもおいしいです。

※お料理の際には、火傷や怪我、火の元に十分ご注意を払ってくだるようお願いいたします。

材料 (4人分)

大根(あれば辛み大根)
1本
信州味噌
大さじ4杯山盛りくらい?
うどん
乾麺400~500g
■根気またはフードプロセッサ

作り方

  1. 大根の皮を剥いておろします。男の子はこれの手伝いをするもの、だそうですが、男の子がいない家はフープロに頼るのがらくちんです
  2. その間に、大鍋にたっぷりお湯を沸かしておいてください。沸いたらうどんをゆでます。
  3. 1でおろした大根を、ガーゼやキッチンペーパーで絞ります。使うのは絞り汁の方です。お椀に人数分取り分けます
  4. 薬味は花かつおと刻んだネギを用意してください。ネギは白ネギでも青ネギでもお好きなものを。
  5. ゆであがったうどんは、冷水でさらして締めても、釜揚げでもOKです。お椀にとりわけた大根おろしの汁に、ひとりスプーン山盛り一杯程度の味噌を溶かし、薬味を加えていただきます :-)