新潟ではお正月に食べる習慣がある『のっぺ』ホタテの貝柱のダシがきいてます♪

※お料理の際には、火傷や怪我、火の元に十分ご注意を払ってくだるようお願いいたします。

材料 (大きめの鍋一杯分)

里芋
1袋
にんじん
1本
タケノコ水煮
1個
レンコン水煮
1個
こんにゃく
1枚
かまぼこ
1本
鳥むね肉
1枚
銀杏 水煮
適量
ホタテ貝柱
5~6個
絹さや
適量
いくら醤油漬け
適量
100cc
みりん
100cc
砂糖
大さじ2
大さじ2
和風だし顆粒
大さじ2
1500cc

作り方

  1. 貝柱はヒタヒタの水に一晩、冷蔵庫で戻します。(ぬるま湯に浸してラップをして3~4分チンでもOK)
  2. 里芋は皮をむき、縦長になるように切り、塩でもんでぬめりを取ります。
  3. ニンジン、かまぼこ、タケノコ、レンコン、こんにゃくは短冊切りにします。
  4. 鳥肉は一口大に切ります。さやいんげんは筋を取って塩ゆでして細ぎりしておきます。
  5. 貝柱の戻し汁を鍋に入れ、に水を足します。
  6. 鍋にニンジン、かまぼこ、タケノコ、レンコン、こんにゃく、鳥肉、銀杏、調味料を入れ、中火で火にかけます。
  7. 沸騰したらあくを取り、弱火にします。里芋を加え、ひと煮たちさせます。里芋に火が通ったら火を止めます。
  8. 冷めたら、さやいんげん、いくらをトッピングして完成です(*^-^*)